Tabrik -タブリク-
 
京都の亀岡にアトリエを構えるデザイナー手島紋さん。
夏はコットンやリネン、冬はウールやシルクの天然素材をオリジナルから布を作ります。
ほとんどの工程を一人で手がけて仕立てます。
お洋服は、各地で製品染めされるのですが、墨染、泥染め、泥藍染、コーヒーetc...

手島さんが作り出したお洋服が、染め師の力で命を吹き込まれたように動き出すのです。

手に取った時に喜びを感じるのは、日本という風土にあったテキスタイル、染め。
古代からここで暮らしてきた当たり前が感じられるからかもしれません。




福岡の染工場で染色された墨染めのローブです。
シンプルな中にも独特のシルエットを生み出すデザイン。
袖や後の首元にあしらわれたギャザーも艶っぽく女性らしい雰囲気に。
ワンピースだけでなく、前を開けて羽織としても活躍できるアイテムです。






墨染めのシリーズのスカートです。
軽やかなラミーによる色味の出方の違いやアタリ感、ムラ感も独特の透明感のある美しい染めです。
普通に履くだけでなく、エプロンのように巻き付けたり、ワンピース風に着たり、チュニックにしたり。
1着で何パターンも着回せます。






こちらも同じ形の福岡の染工場で染色された泥染めのスカートです。
深みのある茶とムラが美しい染めです。
腰に巻いただけのレイヤードスタイルも素敵です。






さらに泥藍染めの同型のスカートも。
泥と藍のそれぞれの色味が見え隠れし、なんとも言えない深い色味になっています。
時間と共に藍の方が出てくるため、青みのあるものにゆっくり変化していきます。
こちらの画像はワンピースの上からレイヤードしています。


スカートの着方を動画にしました。
参考にして、ぜひご自分らしい着こなしを探してみてください。







 
Tabrikの商品一覧はこちら